2012年6月 3日 (日)

トライアル世界戦・もてぎ 2日目

雨が降る予報でしたが、、一滴も降らなかった2日目。
フジガスは3位!。

P11109122
表彰台でのインタビューでは、「勝って帰ってきます!」と力強く宣言。 それは自らを奮い立たせる為の約束のようにも思えました。
P11109262
そして、「藤波貴久を見捨てないでください」、、とも言っていました。
なんだか、とても意外な言葉だった。
そんなこと考えてるんだぁ・・・不安なのかなぁ・・・と。
P11108852
見捨てるはずないじゃないですか。
いつでも100%の力を尽くすトライ、誠心誠意の走り、、応援せずにはいられません。
優勝したら飛び上がるほど嬉しいけれど、、正直、順位はどうでもよくて(いや、よくないか・・・?)フジガスが納得のいく「フジガスの走り」が出来ることを、いつでも日本の空の下より願っています。
P11109422
今回あらためて確認したことが一つ。
このアラフォー女をこんなに走り回らせ、突き動かせるのは、、世界で唯一「フジガスの走り」だけなのだと。
足腰を鍛えて、来年ももてぎで待ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

トライアル世界戦・もてぎ 1日目

結果、スペイン・フェス・・・でした。

P11107992

フジガスがココに居ないのは、言うまでもなく悔しいのですが、、カベスタニー選手の笑顔に、おめでとう!と心から言える。

P11108042

1日目の最終セクションを終えパドックへ向かうフジガスが、ひとりマシンを走らせながら大声で吠えていた。 悔しくて? もどかしくて? イライラして?・・・その気持ちは誰にも分からないのだろうけど、、走り去る後ろ姿に「大丈夫!負けるな!」と心の中で声をかけた。

Fujigas

明日こそは!!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

MotoGPもてぎ 金曜日

今年は金曜日しか行けない、、、MotoGPもてぎ。

長いながい楽しかった夏休みのツケがまわってきまして、現在、目眩がしそうなHardworkに陥っているからです。

しょーがない、、、たっぷり楽しんだのだから。
金曜日だけで、今年は我慢、です。

P11102692
大切な一日は、ダウンヒルストレートにて観戦。
P11102152
土手を下りてコース際まで行くとホントに近い。
P11102192
体がしびれるような音とスピードの世界に包まれた瞬間、、、イヤなこと全てが吹っ飛んでいく。

P11103142
コレクションホールの特別展示も素晴らしかったです。


うんっ、泣きごと言わずに仕事頑張ろう! 

たった半日の観戦日でしたが、しっかりモータースポーツにパワーをもらって帰路についたのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

赤いくるま

インディージャパンで見た赤い車たち。

↓オフィシャルカー。
P11007112
CIVIC TypeR EURO
かっこいい、大好きです。
向こう側にちょっとだけ見えているのは、同じカラーリングのCR-Zでした。

P11006672_2
↑スコット・ディクソン。
ダウンヒル~90度のあたり。
ちょっと上手に撮れた^^。

P11100582
↑グリコワゴン。
ポッキーの箱が屋根から突き出てます。
ドアの取っ手はパピコ、サイドにはキャラメル。
夜には「グリコワゴン」の文字が光るそうです。
P11100612
後ろのライトはジャイアントコーン!。
なんて可愛いの~!。
おやついっぱい積みこんで旅に出たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

INDY JAPAN FINAL 決勝日

本日の主役 WINNER!
P11009832
INDY JAPAN 最後の勝者はスコット・ディクソン。
繰り返されたRE STARTもなんのその、余裕の走りでした。

優勝賞品、、、パナソニックの65インチTV AVセット、コカコーラ1年分、グリコのポッキー1年分、ローソンのからあげ君1年分をお持ち帰りです^^。


そしてそして、最後の最後はみんなが主役。
P11100022
走る人、見る人、支えた人。
みんなで記念撮影です。

さよならINDY JAPAN。
また、いつか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

INDY JAPAN FINAL フレンドシップデー

今年で最後のインディジャパンは、ロードコースを走ります。
オーバルコースは震災のため使えないのだそうです。

そのロードコースが練習走行後に解放されました。

P11007242

オーバルは歩いたことあるけれど、ロードは初めて。
縁石踏みながら歩いたり、グラベルの中をザクザクっと歩いたり、座ってみたり。

P11007382_2

なんか気持ちよくて寝転がってみたり。

P11007282

空を見たら、可愛い顔みたいな雲。

フレンドシップデイの締めくくりは、なんだかとても幸せな気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

もてぎ トライアル観戦レポ ⑤

2LAP目、2sec.。フジガスは到着すると、オブザーバーの休憩用の椅子に座って痛みをこらえているようでした。
その様子を見ていた私まで、思わずつられて眉間にシワがよってしまいます。

P11004712

「みんなが付いてるぞぉっ!」 後ろの方から、男の人が大きな声で言いました。
観戦してる人たちも皆、フジガスの苦しい状況を分かっています。
インからアウトまで、ひとつひとつのアクションを息をのんで見守りました。

P11004782
↑4sec.

4sec.順調に進んでいき、出口へ向かう最後の岩盤に飛び上がったときです。上るか、落ちるか、の間で静止・・・かと思った次の瞬間、マシンだけが残りフジガスは落下。
足から着地しましたが、そのため10sec.で痛めた膝をまた痛めたようで、その場でうずくまって動かないまま数分が経ちました。

なんとかオブザーバーや周りの人たちの肩をかりて5へむかうフジガス。
そして、マシンに跨ると「ど根性」の走りをつづけました。
(今どき「ど根性」って・・・。なにやら昭和の匂いがぷんぷんしてきますが、この言葉が一番に思い浮かんだので)

P11004802
↑風見台から見下ろした11、12sec.
10sec.へ猛ダッシュの途中でちょっと感激した風景。ジオラマのよう。
写真撮影もパチリと済ませ、またダッシュ。
はぁはぁと、息も絶え絶えでたどり着いた10sec.は、しっとりと濡れた静かな森の中でした。
P11004872
↑ブラウン選手

フジガスは残念ながら、減点5でした。
フジガスのトライが終わると、観客がまた移動をはじめます。
私も!と、歩き出したのですが、、、次に向かって走り出したフジガスに声援を送りたくて少し引き返しました。
で、思わず出た言葉は「頑張れぇっ!」。・・・。
こんなに頑張ってる人に頑張れって・・・自分のボキャブラリーの貧しさに少々呆れましたが、、、でもホントに頑張ってほしかった。
順位がどうこうではなく、「ど根性」の走りを最後まで頑張ってほしい・・・心底そう思ったのです。

P11004912
このあたりからフジガスの写真がありません。
心のメモリに焼き付けましたので。

全選手がトライを終えたころ・・・ 「最後は15sec.で集合!」と、アバウトな待ち合わせをしてバタバタと別れたロミ☆さんと再会。よぴこサンと3人でリザルト表を見に行きました。
優勝ラガ選手、2位フジガス、3位ボウ選手の結果。
悔しくないといえば嘘になるかもしれません。でも、正直なところ、何位であってもよかった。数字でも言葉でも表しきれない素晴らしい走りをしていたのだから。

1442

モータースポーツを知らない友人に、「フジガスってどんな人?」と聞かれる度、「世界一かっこいいライダー」と答えていましたが、、、この日を境に「宇宙一かっこいいライダー」に格上げしなくちゃだわ。・・・表彰式後、そんなことを考えながら、かなり遅めのお昼ゴハンを食べたのでした。   おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

もてぎ トライアル観戦レポ ④

この日は朝から天気予報どおりの雨。
気温は涼しいくらいでした。

0842
↑朝のパドック風景。

雨降りだからといってガッカリすることはありません。
しっかりレインウェアを着込み、足回りもそれ用に対策をすれば、、雨の中の観戦も苦にはなりません。
多少の泥よごれも、「たまにはこんなのもアリ!」と受け入れてしまえば楽しいものです。

1402

それに、カンカン照りの暑さに比べたら、雨降りで涼しいくらいの方が、圧倒的に体調管理しやすい^^。
ということで、2日目もはりきって観戦がはじまりました。


1、2、3sec.を観戦後、岩盤セクションは横目に見ながら移動、7、8sec.を見た後、ハローウッズへ。
道すがら、途中経過を表示したテレビ画面を見るとフジガスがトップの表示。
意気揚々と11sec.前に先回りして待ちます。
が、、、
なかなかやって来ない…。
ほぼ同じくらいに走っていたボウ選手もラガ選手もやって来て、ワイルドカードのライダー達もぞくぞくと下見を始めていました。

なんだか嫌な予感が…。
「アクシデントかな?」と、よぴこサンと話していると、、、足を引きずるようにして歩くフジガスの姿が~。

10sec.で怪我をしたとのことでした。
今までに見たことないくらい痛々しい姿に驚いてしまうと同時に、、、それでもトライを続ける彼の強い責任感を感じました。

↓12sec.
P11004532

↓1sec.
P11004562

必死に走るフジガス。・・・ならば私も必死に追いかけなくてはっ!。

P11004612


昼ごはんを食べるのも忘れ・・・、ポンチョの中は汗だくになりながら・・・、でも脱水症状になったら大変だから水分だけは摂りつつ・・・・・、一つでも多くのセクションで応援するため走り回ることになったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

もてぎ トライアル観戦レポ ③

「もう一度3sec.が見たい!」みんなの意見が一致しましたので、14sec.をちょっとだけのぞいた後は、2,3sec.へ。

5人揃って同じセクションにいても、場所どりはそれぞれです。
よぴこサンと私は脚立に立って両セクションを見渡せるあたり。
姉はiPhoneを駆使して撮影できるところをあちこち。
父は相変わらず最前列ねらいでかぶりつき観戦です。

フジガスのトライの後、近くに居たよぴこサンに「4sec.に行ってくるっ」とだけ告げ、ひとり岩盤ゾーンへ急ぎます。

P11003932_2
↑4sec.でのフジガス。
トライを始めて間もなく、オブザーバーの笛。最初の大きな岩に飛び乗ったとき、カードに触れたとのこと。
セクションを走り終えると、5点の表示にフジガスは驚いて抗議をはじめました。
周りの観客からは「クリーン」コールが湧き上がります。
で、結果「5」から「0」に訂正。意外にあっさりでちょっとビックリしました。

↓ボウ選手のチーム。何やらマシンに不具合のよう。
P11003892

次の5、6sec.は歩きながら観戦。
さらに、「欲ばりチーム」と化した私は、勢いで7、8sec.へ行き、、、それから、9、10sec.はあきらめハローウッズ方面へ戻りました。

最後、15sec.への途中で「温存チーム」と再会^^。
久しぶりに会った?父を見て笑ってしまいました。
白Tシャツ&白ジャンパーに泥スプラッシュの跡がベットリ。
本人曰く、夢中で観戦してたので、何処でどのライダーにやられたのか覚えがないそう。 (私的には2sec.じゃないかと思いますが・・・^^)。

0492
↑1日目、ジュニアクラス3位の滝口輝選手。


この日のフジガスは3位でした。
4位のファハルドとは、わずか1点差。
(4sec.の「0」がなかったら・・・・表彰台はなかった!?)

「温存チーム」は〆のコーヒーブレイクをするというので、最終セクションで合流した「全開チーム」のよぴこサン、ロミ☆さんと表彰式を見に行きました。

P11004122

檀上でのボウ選手のインタビュー、冒頭の「こんな大変な時に観に来てくれてありがとうございます。」の言葉に胸が熱くなりました。

6月開催から8月に延期になり、、、次は8月が近づいたら「日本に行くのは嫌だから中止」って言われるんじゃないかって、、、ちょっとだけそんなことを考えていた自分を恥ずかしく思いました。

こちらこそ「ありがとう」です。

あらためて、開催のために頑張ってくださった方々にも感謝!・・・
そんなことを思いながら1日目のもてぎを後にしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

もてぎ トライアル観戦レポ②

今年もいつものメンバーで観戦したのですが、今回は2チームに分かれての行動となりました。
チーム分けはというと、、、
体力の衰えが気になるお年頃?のイズ父と、6月に手術をしたイズ姉は、ゆとりを持って行動する「パワー温存チーム」、で、あちこち飛び回りたいよぴこサン、ロミ☆さん、私は「パワー全開チーム」といった感じです。

↓1sec.  左■小川毅士選手 右■砂田真彦選手
P11003502P11003542_3





1secの後、「軽く2secを見たら11、12secでのんびりしてるよ~」、という温存チームと分かれ、、、
全開チームは、2、3secでフジガス、健ちゃん、ガッチのトライを見てから→4、5、6セクションのある岩盤ゾーンへ小走り気味に移動をしました。

P11003572

ここまで、ガッチは減点5が続き、ロミ☆さんの表情は空と同じ曇り顔。
フジガスも3、4sec.では減点5・・・でした。

岩盤ゾーンに来てしばらく・・・お腹が空いてきたな~って感じてきて気が付いた。
「あっ、私のリュックの中に父さんのおにぎりが入ってる!?」
温存チームは、日に三度お薬摂取チームでもあるので、お昼ゴハンは必須アイテムです。

目の前で5、6secをクリーンしたフジガス。
 
ちょっとづつ調子の上がってきたフジガスを7、8secまで追っていきたいところでしたが、我慢しまして・・・11、12secの父たちと合流することにしました。

ハローウッズの駐車場にたどり着くと、11secから盛り上がる声が聞こえてきます。
何?なに?と、足早に行ってみると早回りのフジガス達がもう到着しているではありませんか。早い~っ。

P11003722_2
↑11sec. 野崎史高選手

健ちゃん、ガッチのトライも見たいけど、日本人ライダーを見ていると、当たり前ですが、フジガスはどんどん先に行ってしまいます。
特にこの日は天気が崩れる予報でしたので、意識して速かったのかもしれません。

P11003613
しっかり父におにぎりを渡し、食事をした後、私はひとり第3のチーム「欲ばりチーム」と化して動き回ることになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧