« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

MotoGPもてぎ 金曜日

今年は金曜日しか行けない、、、MotoGPもてぎ。

長いながい楽しかった夏休みのツケがまわってきまして、現在、目眩がしそうなHardworkに陥っているからです。

しょーがない、、、たっぷり楽しんだのだから。
金曜日だけで、今年は我慢、です。

P11102692
大切な一日は、ダウンヒルストレートにて観戦。
P11102152
土手を下りてコース際まで行くとホントに近い。
P11102192
体がしびれるような音とスピードの世界に包まれた瞬間、、、イヤなこと全てが吹っ飛んでいく。

P11103142
コレクションホールの特別展示も素晴らしかったです。


うんっ、泣きごと言わずに仕事頑張ろう! 

たった半日の観戦日でしたが、しっかりモータースポーツにパワーをもらって帰路についたのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

赤いくるま

インディージャパンで見た赤い車たち。

↓オフィシャルカー。
P11007112
CIVIC TypeR EURO
かっこいい、大好きです。
向こう側にちょっとだけ見えているのは、同じカラーリングのCR-Zでした。

P11006672_2
↑スコット・ディクソン。
ダウンヒル~90度のあたり。
ちょっと上手に撮れた^^。

P11100582
↑グリコワゴン。
ポッキーの箱が屋根から突き出てます。
ドアの取っ手はパピコ、サイドにはキャラメル。
夜には「グリコワゴン」の文字が光るそうです。
P11100612
後ろのライトはジャイアントコーン!。
なんて可愛いの~!。
おやついっぱい積みこんで旅に出たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

INDY JAPAN FINAL 決勝日

本日の主役 WINNER!
P11009832
INDY JAPAN 最後の勝者はスコット・ディクソン。
繰り返されたRE STARTもなんのその、余裕の走りでした。

優勝賞品、、、パナソニックの65インチTV AVセット、コカコーラ1年分、グリコのポッキー1年分、ローソンのからあげ君1年分をお持ち帰りです^^。


そしてそして、最後の最後はみんなが主役。
P11100022
走る人、見る人、支えた人。
みんなで記念撮影です。

さよならINDY JAPAN。
また、いつか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

INDY JAPAN FINAL 「食べる」も楽しむ

サーキットへ行ったなら、すべての雰囲気を楽しみたいです。
食事もしかり。
ということで、佐藤琢磨応援メニューを食べてみました。

昨日はロータスカラーのステーキバーガー。
P11005762_2
ご覧のとおり、かなりのボリューム。
ソースはアボカド、バンズも緑色でした。
久しぶりのがっつりお肉! 全部食べたおかげで(?)午後もパワフルに行動出来ました^^。

こちらは↓ミュージアムカフェのグリーンスパーク。
P11008302_2

ライムとミントの葉が入ったジンジャーエール。
本日の〆にいただきました。
なんといっても見た目が爽やかで、惹かれますよね。
琢磨選手のちっこいフラッグが飾りに付いてました。

今日はほかに、アメリカンBBQプレート、INDYパッケージのアイスを楽しみました。

さて明日は何にしようかな^^?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

INDY JAPAN FINAL フレンドシップデー

今年で最後のインディジャパンは、ロードコースを走ります。
オーバルコースは震災のため使えないのだそうです。

そのロードコースが練習走行後に解放されました。

P11007242

オーバルは歩いたことあるけれど、ロードは初めて。
縁石踏みながら歩いたり、グラベルの中をザクザクっと歩いたり、座ってみたり。

P11007382_2

なんか気持ちよくて寝転がってみたり。

P11007282

空を見たら、可愛い顔みたいな雲。

フレンドシップデイの締めくくりは、なんだかとても幸せな気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

夏の思い出 

花火の祭典を見終わった帰り、夜空に浮かぶ地球を発見!。
わし掴みにしてみました。
Imgp06302_3

遠くから見たときは、ホントに何だ???って思いました。

Imgp06462

近づいてみたら、地球模様の熱気球!。

ボッボォッと炎がつく度、やさしく暖かく光って夜空に浮かびます。
夜空が宇宙っぽくて、幻想的でした。

なんやかんやで、ココで盛り上がり、写真を撮りながら30分も居たでしょうか。

11月には熱気球の大会も行われますね。
今年はぜひ見に行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

飛んでみました

夏休みの締めくくりに、森の中をシューッと飛んできました。

一度やってみたかったんです。
ツインリンクもてぎのハローウッズにある『クラーネ』。

   *   *   *

誓約書にサインを済ませたら、ガイドの方の説明を聞きながらハーネスを装着します。
Img_53722

この日のメンバーは、ロミ☆さん、イズ姉の旦那さま、私の3人。
イズ姉も同行しましたが、怖そうだから・・・ということでクラーネはやらず、下界で留守番&撮影を担当しました。

いよいよ森の中へ。
緩い上りを歩きます。
ところどころで足を止め、森の生き物の話を興味津々に聞きました。
みんなでしゃがみこみ、けもの道を覗き込んだり。
カミキリムシが卵を産み付けた跡を見たり。

まず、たどり着いたのは「樹冠タワー」。
階段を昇って木々の先端の高さまで行けます。
Imgp08932

上ってみると、、、
↓鳥の可愛らしいお宅も眼下に。
Imgp08992

てっぺんまで上ると、普段は見ることない木の先端の若い葉を見ることが出来ました。そして、目線を上げればサーキットも一望!。
冬の空気の澄んだ日には、富士山も見えるそうです。

さてこの後、いよいよ飛ぶ時が近づきます。
森の中に張り巡らせたジップライン(ワイヤー)に滑車のようなものをつけて、シュルルルーーーっと滑りながらの空中散歩です。
まずは地上から2.5メートルくらいの低いところで練習をしました。
体に付けた滑車を自分でワイヤーに掛けなくてはならないので、その扱い方と着地の仕方などを教わりました。

そして本番!。

↓人生初の命綱です。
Imgp09042_2

↓まずはガイドの方がお先にシュ~っと行ってしまいました。
Imgp09052_2

こんな感じで森の中を飛ぶように渡ります。
全部で6本のジップラインと、2本の吊り橋の総距離は620メートル。
ココからは一度も地上に足をつかず森を下りて行くことに。

1本め、、、スタートすると・・・ふわーっと浮いて、それから空中に吸い込まれる感覚。
一瞬、体がキュッと緊張しましたが、その後は木々の間を鳥のように、いや、ムササビのように?まさに飛ぶ感覚でした!。

慣れてきたら周りの景色を楽しむことが出来てきます。
鳥の巣箱をまさに鳥目線で発見したり。
とにかく楽しかった!。そして気持ちよかった!。

↓これが飛ぶ私でございます。
Img_79762

大人の社会科見学・工場見学などが流行ってますが、コレは「大人の探検」といった感じでしょうか。
飛んで、笑って、新感覚を味わって、、、素晴らしい「大人の夏休みの思い出」が出来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

もてぎ トライアル観戦レポ ⑤

2LAP目、2sec.。フジガスは到着すると、オブザーバーの休憩用の椅子に座って痛みをこらえているようでした。
その様子を見ていた私まで、思わずつられて眉間にシワがよってしまいます。

P11004712

「みんなが付いてるぞぉっ!」 後ろの方から、男の人が大きな声で言いました。
観戦してる人たちも皆、フジガスの苦しい状況を分かっています。
インからアウトまで、ひとつひとつのアクションを息をのんで見守りました。

P11004782
↑4sec.

4sec.順調に進んでいき、出口へ向かう最後の岩盤に飛び上がったときです。上るか、落ちるか、の間で静止・・・かと思った次の瞬間、マシンだけが残りフジガスは落下。
足から着地しましたが、そのため10sec.で痛めた膝をまた痛めたようで、その場でうずくまって動かないまま数分が経ちました。

なんとかオブザーバーや周りの人たちの肩をかりて5へむかうフジガス。
そして、マシンに跨ると「ど根性」の走りをつづけました。
(今どき「ど根性」って・・・。なにやら昭和の匂いがぷんぷんしてきますが、この言葉が一番に思い浮かんだので)

P11004802
↑風見台から見下ろした11、12sec.
10sec.へ猛ダッシュの途中でちょっと感激した風景。ジオラマのよう。
写真撮影もパチリと済ませ、またダッシュ。
はぁはぁと、息も絶え絶えでたどり着いた10sec.は、しっとりと濡れた静かな森の中でした。
P11004872
↑ブラウン選手

フジガスは残念ながら、減点5でした。
フジガスのトライが終わると、観客がまた移動をはじめます。
私も!と、歩き出したのですが、、、次に向かって走り出したフジガスに声援を送りたくて少し引き返しました。
で、思わず出た言葉は「頑張れぇっ!」。・・・。
こんなに頑張ってる人に頑張れって・・・自分のボキャブラリーの貧しさに少々呆れましたが、、、でもホントに頑張ってほしかった。
順位がどうこうではなく、「ど根性」の走りを最後まで頑張ってほしい・・・心底そう思ったのです。

P11004912
このあたりからフジガスの写真がありません。
心のメモリに焼き付けましたので。

全選手がトライを終えたころ・・・ 「最後は15sec.で集合!」と、アバウトな待ち合わせをしてバタバタと別れたロミ☆さんと再会。よぴこサンと3人でリザルト表を見に行きました。
優勝ラガ選手、2位フジガス、3位ボウ選手の結果。
悔しくないといえば嘘になるかもしれません。でも、正直なところ、何位であってもよかった。数字でも言葉でも表しきれない素晴らしい走りをしていたのだから。

1442

モータースポーツを知らない友人に、「フジガスってどんな人?」と聞かれる度、「世界一かっこいいライダー」と答えていましたが、、、この日を境に「宇宙一かっこいいライダー」に格上げしなくちゃだわ。・・・表彰式後、そんなことを考えながら、かなり遅めのお昼ゴハンを食べたのでした。   おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

もてぎ トライアル観戦レポ ④

この日は朝から天気予報どおりの雨。
気温は涼しいくらいでした。

0842
↑朝のパドック風景。

雨降りだからといってガッカリすることはありません。
しっかりレインウェアを着込み、足回りもそれ用に対策をすれば、、雨の中の観戦も苦にはなりません。
多少の泥よごれも、「たまにはこんなのもアリ!」と受け入れてしまえば楽しいものです。

1402

それに、カンカン照りの暑さに比べたら、雨降りで涼しいくらいの方が、圧倒的に体調管理しやすい^^。
ということで、2日目もはりきって観戦がはじまりました。


1、2、3sec.を観戦後、岩盤セクションは横目に見ながら移動、7、8sec.を見た後、ハローウッズへ。
道すがら、途中経過を表示したテレビ画面を見るとフジガスがトップの表示。
意気揚々と11sec.前に先回りして待ちます。
が、、、
なかなかやって来ない…。
ほぼ同じくらいに走っていたボウ選手もラガ選手もやって来て、ワイルドカードのライダー達もぞくぞくと下見を始めていました。

なんだか嫌な予感が…。
「アクシデントかな?」と、よぴこサンと話していると、、、足を引きずるようにして歩くフジガスの姿が~。

10sec.で怪我をしたとのことでした。
今までに見たことないくらい痛々しい姿に驚いてしまうと同時に、、、それでもトライを続ける彼の強い責任感を感じました。

↓12sec.
P11004532

↓1sec.
P11004562

必死に走るフジガス。・・・ならば私も必死に追いかけなくてはっ!。

P11004612


昼ごはんを食べるのも忘れ・・・、ポンチョの中は汗だくになりながら・・・、でも脱水症状になったら大変だから水分だけは摂りつつ・・・・・、一つでも多くのセクションで応援するため走り回ることになったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »