« '08真壁レポ その2 | トップページ | しあわせもの »

2008年3月20日 (木)

'08真壁レポ その3

P10702082←ガッチ (3sec.)

なんとなく調子が上がらずのまま、1LAP目を終えたように見えたガッチ。
ガッチファンのロミ☆さんも、アレレ・・・???な表情。
ゼッケン「1」のプレッシャーがあったのかな?

開幕戦の結果は、2位。
大会後のインタビューでは、あまりにも調子が悪すぎて、悔しさも無い・・・というようなことを言ってました。


なんだかんだで、砂埃にまみれながらも7Sec.から離れられなかった私たち。
各セクションをあちこち廻りながらも、7sec.だけは3LAPとも観戦しました。
たしか、1LAP目は黒山選手以外は走破出来なかったと思うのですが、その時点で、これから他の選手はどんな走りをするのか?にとても興味が湧いてきたのでした。

P10702132 ←黒山健一選手(7sec.)

手強い斜面、体力は無くなり、時間も無くなり・・・ 選手達はココをさまざまな表情で走ります。

黒山選手の目は爛々と輝いていました。








この日いちばん思い出深かった走りは、2LAP目の尾西選手。
↑の健ちゃんと同じ場所、下りでの表情がチョット笑ってたのです。
レポその2でも書いた、野崎選手が落ちたこの前の上りを成功して・・・とにかく、下ってくるその顔は、なんとも楽しそうな目をしていたのです。
実際には、ご本人はどのような心境だったのかは分かりませんが、私にはとてもイキイキとした楽しそうな表情に見えました。

P10702112
←尾西和博選手(7sec.)

そして、セクション出口までの上りへ。
体勢を整えると、、、










P10702122
足を出しながらも走破!減点3。

セクション移動のために斜面を降りてきたマインダーの方は小躍り^^。
「最高やー! サイコーや!」 それはそれは嬉しそうな笑顔で何度も言っていました。

尾西選手も、きっと満足気な表情・・・だったのではないかな^^。





もともと4輪レースばかりを見ていた私が2輪のロードレースを見るようになったのは、単純に「ライダーが見える」から、でした。
凄いスピードで走り抜けるマシン、とそこに跨るライダー。上手く表現できないのですが、4輪には感じなかった生々しさに惹きつけられたのです。
そしてロードから、トライアルへ。
そこには見たこと無いような別世界の走りと、さらに人間くさい世界があり・・・ 私を離してくれません^^。
'08真壁 2LAP目 7sec. 私の大好きなトライアルがそこにありました。

|

« '08真壁レポ その2 | トップページ | しあわせもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126914/40567190

この記事へのトラックバック一覧です: '08真壁レポ その3:

» 「砂埃」についてのクチコミブログをピックアップ [クチコミブログをピックアップ]
砂埃 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… [続きを読む]

受信: 2008年3月21日 (金) 08:47

« '08真壁レポ その2 | トップページ | しあわせもの »