« トライアル世界選手権・ポーランド | トップページ | 夏のしるし »

2006年7月14日 (金)

From栃木

今日も、ドロ~ンと溶けてしまいそうな暑さでした。夕方届いた幾つかの郵便物のなかに、熱く燃えるようなオレンジ色の封筒を発見。私宛ての私の文字、それと差出人を見て思い出しました。先日参加した「ビギナーの祭典・春」のリザルト表です。受付で「後日結果を送るので封筒に自分宛に住所を書くように・・」と言われて書いたんだっけ・・・。

中にはA4サイズ四枚に会計報告、セクション別成績分析、参加者の県別、年代別、マシンメーカー別の表とリザルトなどが入ってました。

参加者は84名。圧倒的に栃木県民が多い!地元もてぎだったからでしょうかね。
マシンはGASGASがダントツ。なんでかしら?
一番若い子10歳、一番先輩56歳。

あの日は、バイクに跨る事に夢中になりすぎていて、一緒にスクールに参加していた方たちと喋ることもあまり無く、名前も聞かずに一日を終えました。今日届いたリザルト表(スクールは成績は無いので名簿みたいなもの)を見ながら、みなさんはその後トライアルしてるのかな?なんて思いました。
私はというと、バイクが欲しい今日この頃です。

|

« トライアル世界選手権・ポーランド | トップページ | 夏のしるし »

コメント

イズさん、こんばんは。

トライアル初体験レポートを拝読して、僕も、トライアルを始めた遠い昔を思い出してしまいましたよ。

バンに相乗りして山に向かい、Gパンに軍手で借り物のバイクにまたがっていたんです。
あのころは、土曜日の夜になると、明日のことが嬉しすぎて、眠れなくて、熱病に侵された様な感じでした。

十数年経った今でも、トライアル場のゲートをくぐる時胸がちょっと高鳴るのは、その時の名残みたいなものです。

新しいスポーツに飛び込む時期って、すごく充実しませんか?ちなみに僕はそういうとき、そのことばかり考えすぎてしまって、あくる日寝坊とか遅刻とかしてしまいます、ははは。

天候にあんまり左右されないし、マイペースに一生遊べる(んじゃないかと思う。)ので、トライアルはお勧めです。

投稿: ばくもん | 2006年7月30日 (日) 00:03

ばくもんさん、こんにちわ。
胸が高鳴っちゃうような楽しみを持ってるって、しあわせなことですよね。
スクールで初めてトライアルを体験して(といっても、バイクにまとわりついてたって感じですが^^;)、こんなに面白い刺激的な世界に出会えて、しあわせだな~って思いました。
とにかく全てが楽しすぎて、その後は筋肉痛と共に何日も余韻から抜け出せずにいましたよ^^。
残念ながら今はバイクを持ってないけれど、、、ばくもんさんの言うようにマイペースに一生遊べたらステキですね!

投稿: イズ | 2006年7月30日 (日) 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126914/10944110

この記事へのトラックバック一覧です: From栃木:

« トライアル世界選手権・ポーランド | トップページ | 夏のしるし »