« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

こんな日がくるなんて! その3

スクールが行われた場所は、ビギナーやキッズの大会のセクションを登りきった所だったので、様々な年代のライダー達が行き来してました。元気に笑う人、疲れた顔した人、汗を拭う人。周りを見るゆとりが出来てきた頃、私のスタンディングもチョットだけ落ち着いて出来るようになってきました。

バイクの温もりを感じる。編

暫くすると、1台のバイクのエンジンが掛けられました。
暴走して木立の中へ飛んで行ってしまわないように^^、アクセルは働かないようにしてありました。走るバイクと止まったバイクをみんなで順番に使って練習です。

Izu2 ←準備万端!
 ふむふむ、、、説明をよく聞いて・・・





Izu3 ←行ってきまーす。
 例えるなら、、、
 森をさ迷うヒヨコのような走り^^;。
 
 それでも嬉しかった!
 この先で、道に転がる直径5センチくらいの木の枝を乗り越える時には、「セクションINだー」と心の中で言ってみたりして。後で聞いたら、ロミさんも同じ所で同じ事思ってたそうです。

慣れてきたところで、アクセルを繋ぎ、更にもう1台のバイクもエンジンが掛けられ練習走行は続きます。

Romi5 ←そういう難しいとこ通らないでしょー、っていう狭ーい木の間をぬってきちゃったりしたロミさん。
 
 例えるなら、、、
 森を迷走する仔犬=3。

 
Ita1 ←ただ自然の中を走りたかっただけなのか?よっぽどロミさんと私の事が心配だったのか?
 今回一緒に参加してくれた、あいたクン(バイク経験者しかしトライアル知らず)。
 例えるなら、、、
 我が道を行く小鹿のような走り。

あいたクン曰く「普通のバイクと違って、アクセルがぜんぜん軽い」のだそう。そうか!セクション待ちしてる時に、指先でアクセルつまんで回してる選手見かけるけど、、、そういうことだからなのね。

エンジンを掛けたバイクは温かくて、背筋を伝う振動がとても心地よかったです。ゆっくりとしたスピードでも、動き出せばまるで生き物のよう。
この生き物と仲良くなれたら、どんなに楽しいのだろう。

つづく・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

こんな日がくるなんて! その2

ロードレースを見るのは大好きだけど、あんな風に速く走りたい!と思った事はありません。トライアルも見るのは大好きだけど、あんな風に岩に駆け上がりたい!と思った事はありません。
だけど、「トライアル」にはちょっとだけ触れてみたい、、というか、もうちょっとだけ近づきたい、、という想いは心の何処かにずっと在ったように思うのです。
だから、少し悩んだのだけれど「トライアル」にもうちょっとだけ近づくため、今回のスクールに思い切って参加してみました。


はじめてトライアルに触れました。


朝のミーティング後、スクールを行う場所へ歩いて移動。
世界戦でCゾーンとして使われていた山の上まで、ビギナー大会を走るマシンに追い越されながらのプチ登山となりました。

Gofor
←後に、私が夢中になった「トラッパー」という道具をバイクで運ぶため奮闘中。


笑われてしまいそうだけど、スクール前のこの時点で若干息が上がってます^^;。



平坦なところまでたどり着くと、そこで待っていたのはGASGASの黄色いバイク3台。
「はじめまして、GASGAS君。今日はよろしくね」心の中で挨拶を・・・。

Izu1バイクの説明など聞いた後、座ってスタンディングの練習。
ハンドルをカチっとなるとこまで曲げて、バイクが自然に立ってられるポイントを見つけてあげて、そっと足を上げていきます。
とにかくとにかく、一つ一つの動作を丁寧にすることを心がけて。
ハンドルの幅の広さと、したことの無いような姿勢(写真)に、さっそく私の肩甲骨あたりからは悲鳴が・・・^^;。

Romi1 一緒に参加したロミさんも、全くのバイク初心者。
最初に今回の「スクール」の事を話した時、「不安はあるけど、やる気もあるよ!」と元気な返事をくれました。

←ロミさんの素晴らしいスタンディング!
 私は立っても2秒くらい(立ってるうちに入らないですね・・・)。ロミさんみたいに立てる様になりた~い。

Romiizu
マシンをしみじみ見て、撫で回すふたり。

まだ始めて2時間くらいだけど、なんだか妙に愛しい存在に・・・。だけど、まだまだ片思いのよう。


・・・つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

トライアル世界選手権 フランス

フランスで行われたWCT第5戦。フジガスは惜しくも2位!減点数は優勝したランプキンと同点、クリーン数の差で表彰台のてっぺんを逃しました。
ん~~悔しい~!!

優勝  ランプキン 減点52 クリーン14
2位  フジガス     52            12
3位  ボウ      54  
4位   ラガ       57 
5位   カベスタニー   62
6位  ファハルド      66

13位 小川毅士選手

フジガスの元気な走りが戻ってきた?!
チャンピオンシップ、まだまだこれから盛りかえせー!
GO!!!FUJIGAS=☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

こんな日がくるなんて!

↓大勢のトライアルライダーにまぎれている私・・・。
これはツインリンクもてぎで開催された『ど・ビギナートライアル』の朝のミーティング風景です。
???・・・!!!
Mtg







行ってきちゃいました、はじめてのトライアルスクール。
まさか、私にこんな日がくるなんてー!

朝の道中、バイクに乗った経験無し!超超超ビギナーの私の頭の中では「嬉しい!」「楽しみ!」と少しの「不安・・・」がぐるぐるグルグル・・・。やがて高まりだした緊張感でドキドキ、なんとも言葉では表せないような心模様に・・・。
しかしー、ここで「不安」にのまれてる場合ではありません。
今回、縁あってお誘いいただいた自然山通信・ニシマキさんの「だいじょうぶ、楽しめる」の言葉と、大好きなトライアルに、ほんの少しでもいいから近づきたい!という気持ちを胸の中に引提げて、いざ、もてぎの山の中へ。 いや、その前に受付へ!じつはこの時がもっとも緊張した時かも^^;!

Scl2








朝の「不安」はどこへ行ったのだろう?

Scl1







いつの間にか、時間も忘れるほど夢中になって楽しんでいました。
今日は私の人生の中で、いちばん刺激的な日だったかもしれません。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

実を結ぶ MotoGPアッセン

やりました!中野王子ついに表彰台に上がりました!やったーー!

ロッシ、カピロッシ、メランドリ、セテ、、、いつもなら上位にいるライダー達が万全ではないなかでのレースでしたが、そんなときにこそ確実に結果を残すことができたのは大きいです。

中盤、SUZUKIのホプキンスを抜いて3位になってからは、どきどき緊張してしまって胃が痛くなってしまいました^^;。
後半になるとBSタイヤはもたない・・・何度もそういう場面を見てきたので、4位集団のペドロサやストーナーとのタイム差が気になりましたが、王子は安定したラップで周回を重ねていきました。いつもなら、TV画面に移らないような順位に後退してる頃になっても、3位を気持ち良さそうに走り続けていったのです。
最終ラップの最終コーナー、エドワーズの転倒で思いがけず2位に浮上!はオマケでしたが、KAWASAKIの、BSの、中野王子の、頑張りが実を結んだ素晴らしいレースでした。

きっと日本中の「男KAWASAKI」ファンも大喜びしてるに違いない~^^!

おめでとう!中野王子!!!
さあ、祝杯をあげる準備しなくちゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

MotoGP カタルニア

モトGPの放送を深夜に起きて見るか、ビデオの録画予約をするか、、、考えてるうちにソファで寝てしまったらしく、目が覚めたらAM3時になっていました。

ビックリしました、スタート直後の多重クラッシュ。
人形のようにグラベルを転がり、横たわったまま全く動かないライダー達の姿を見たときは本当に怖かったです。
中野王子は5番グリッドからスタートし、3位に浮上!調子良さ気でしたが当然赤旗に。だけどもう、王子の調子がどうのとか言ってる場合じゃなく、とにかく3人のライダーの事が心配でした。レース再開後、3人とも意識はあるという情報を聞くまでは気が気じゃなかったです。
200kmのスピードで頭から転倒したセテは、鎖骨骨折と脳震盪、カピロッシは全身打撲、胸部血腫、メランドリは左肩脱臼、頸部打撲、。カピとメランドリはICUで24時間経過を看たそうです。
それぞれ大きな怪我を負ってしまったけど、命に別状なくてよかったです。

レースの結果は、ロッシ&YAMAHAが完全復活の優勝、2位ニッキー・ヘイデン、3位ケニー・ロバーツJr。でした。

そういえば、125ccクラスのコヤマックスこと小山知良選手は予選で転倒して、左腕を骨折してしまいました+n+;。足が治ったと思ったら、今度は腕です。はやく良くなりますように~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

ロミ's PHOTO.

ロミさんが撮ってくれた写真です。

Photo
←トライアル観戦だから?
  オーバルコースを歩いてるから?
 若干浮かれ気味の私です。




2_1 ←モータースポーツ好きの本能か?
  ウォール際まで行ってみました、の図。
  どうゆうモノで出来てるの?
  どんな造りになってるの?
  ガンガン、ボンボン。
  叩いたりなんかしてみました^^;。



Romi
←上の写真の位置から、私が撮ったロミさん。
  
 なだらかなように見えますが、歩いてみると結構疲れる・・・。体力の衰えを感じずにはいられない私なのでした^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

勝手に祝勝会

昨夜はモータースポーツ友達のよぴこサン、ロミさんと、姉、私といういつものメンバーに、高橋裕紀選手ファンのサッチーを加えた5人で、勝手に「高橋裕紀選手初優勝&ガッチ2連勝の祝勝会」をしました。まぁ~前回の「ガッチ1勝目祝勝会」と同じく、最初の乾杯の時だけ「おめでとう~」を言った後は食べて、喋って、大笑い、なわけでして・・・。
060613
←ハンバーグ・トマトソテーのせ、トマトソースのニョッキ、ブロッコリーとエリンギのマヨ炒め、春雨サラダ、バゲットとゴルゴンゾーラ。ロミさんの差し入れ骨付きソーセージ、よぴこサンの差し入れビール、ワイン、ガス水などなど。

ガッチのHPのダイアリーに出ていたメニューを真似て、サンペレグリノのガス水を飲みながら、バゲットにオリーブオイルと塩・胡椒をつけて食べてみました。作り方は合ってるのか?解らないままでしたが、美味しかったです。

それにしてもー、ホントによく笑った^^。笑いすぎってくらいよく笑いました。
なんだったんだろう一体・・・。みんな疲れやストレスが溜まってたからなのか、テンションはちょっと高めで、はじめから飛ばし気味!何がそんなに可笑しかったのか?思い出そうと思っても思い出せないんだけど、とにかくよく食べて、飲んで、笑ったのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

もてぎレポ その4

11&12セクションを見終わりグランドスタンドに戻ってくると、ちょうどトップクラスのライダー達が最終セクションのトライを始めていました。
15sec.
640152










ああ、これで今年のもてぎも終わりかぁ~・・・
トライアルを満喫したたっぷりの充実感。と同時に、一抹の寂しさが胸の中にぽつん。
また来年、楽しみにしているよ~^^/~。

641302













いつでも最強で、勝ちっぱなし!なんて全然興味ありません。
負けの悔しさや苦しみを知った後、そこからどう道を進むのか、、、そちらの方が私は興味があるし、面白みがあると思っています。
日本では表彰台を逃したことの無いフジガスにとって、今年のもてぎは味わった事の無い「負け」「悔しさ」だったかもしれません。
さあ、ここからです。どれだけ前へ進めるか。
頑張れ、フジガス~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

もてぎレポ その3

今年もオーバルコースはセクション間の移動用に開放されていました。
オーバルの第3,4ターンと、ロードコースの5コーナーの間に作られた13、14セクションを観戦しに行きました。
13sec.
641319
←ガッチ。マインダーと入念にラインの下見中。
しかしー、ガッチはココにたどり着く前に5点*n*残念ー。











6413   
←パンクしたフジガスのマシン。

マインダーの後ろに写ってる右の岩から、左の岩に飛び移る時に失敗。バイク、ライダー共に岩に打ちつけられ落下してしまいました。フジガスは暫くうずくまって痛みを堪えていました。
セクションに入ってすぐ、パンクしていたのだそう。

その後、ドギー、ラガ、カベスタニーがこのポイントを走り抜けていきました。ドギーは豪快に、カベスタニーはしなやかに。

またオーバルコースを歩きながら、今度は岩盤ゾーンへ移動。
よぴこサンとウォール際まで登り、黒々と残るインディカーのタイヤ痕をたどってみたりして、オーバルウォーキングを楽しみましたー^^;。

11、12sec.
6411 ←なにやらゴソゴソポリポリ、、、おやつを食べながらライダー達の到着を待つ風景。

正面から西日と埃を浴びまくりました。
日焼けは用心してるつもりでいても、ついつい楽しくて夢中になって、そんなことどうでもいいかぁ~^^って気になってしまう私。今回も焼けてしまったー。







641115 641119













左■渋谷選手。1日目に左手中指に大きな怪我を負ってしまった渋谷君。移動中も下見中もずっとアイシングしていました。でも、こんなに頑張ってる!
右■ガッチ。&見守る観客の図。来年は岩盤に登ってみようかな?

つづく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

もてぎレポ その2

64p 2日目の朝もパドックへ。

←こんな光景を見るのが大好き。
整然と並んで出番を待つマシンとか、匂いとか、音とかも・・・。
これはモンテッサチームのバイク。それぞれに平仮名(まるで緊張感の無い丸っこい書体)で名前が書いてあってお茶目です^^。
真ん中は密かに大好きなアモス・ビルバオのバイク。




「FTX」デモを見ていた姉、父と合流し、本日の観戦ポイントを探しに・・・。午前中は「山ごもり」と決めていましたので2~7sec.をふらふら。

3sec 2sec








で、欲張って右に2sec、左に3secを見渡せる斜面で、トゲトゲの草木と格闘しながら山ごもり。・・・したはいいけれど、選手達がどんどんやって来たら、右に左に見るのが大変な事にf^^;。やっぱり欲張りはいけませんね。でも、面白かった!

2sec.
2seco

←イタリアで武者修行中の小川毅志選手
  とても力強くなったような気がしました。











2secf
←藤波貴久選手

フジガスが走る時はレンズ越しではなく、ちゃんと目で見たいので、実はあまり写真はありません。今回まともなモノはこの1枚くらいかも。








父とロミさんが食べました^n^(、フジガスカツカレー!
周りに食べてる人たくさんいました。
みんな食べる前に、フードカメラマンみたいに写真を撮ってました。私もそのひとり^^;ですね。
P1030575







その3へ、つづく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

もてぎレポ その1

薄いグレイの雲に覆われた大会1日目の空。
風は少し涼しくて、歩くにはちょうどいい感じでした。

8sec.
P1030451 P1030468_2













左■ゴンタッド選手(ジュニア) 右■黒山健一選手

スタートの1sec.を見た後、のんびりとお昼ゴハンを食べながらpetit岩盤ゾーンの様な8secを観戦。わらじみたいな大きなコロッケ(\500)を食べていると、ユース、ジュニアの選手達がポツポツと到着しトライしていきます。
セクションインしてすぐ急な斜面を下る設定。その真下で見ていたので選手達の表情までよく見ることが出来ました。走りながら次にどこを見ているのか、視線のもっていきかたもそれぞれ。

9sec.
P1030449_1 

←日本人ライダーで唯一ジュニアに参戦、野本佳章選手。

いろんなHPなどで紹介されていた沢のあるセクション。右に立つマインダーの足元には滝があり、セクションの入り口まで水が流れていました。
人気のあったセクションらしく、あっという間に観客でいっぱいになってしまいました。






7sec.
P1030473

←ココを見た観客が必ず言う言葉「あれは無理だろ~」。
確かに・・・。私も言っちゃいました、「あれヒドクない?(笑)」って^^;。思わず笑ってしまうような「あれ」とはセクション後半の急斜面とその上に立つ壁。
スコアボードを見てみると、トップライダー達も1LAP目は5点が多いよう・・・。
で、午後の観戦ポイントはココに決定となりました。




P1030485 P1030513







「あれ」にたどり着くまでには、木の根っこが滑るこんなトコロを走り抜け(写真・左)、ゴロゴロ石だらけのこんなところ(写真・右)を走らなくてはなりません。ちなみに、この足は必死に路面を踏み固めるラガ選手。

結局2LAP目にここをクリーン出来たのはボウ選手とカベスタニー選手の2人だけ。あと出口までたどり着けたのはフジガス3点、ダビル選手3点、だけでした。
斜面の土がとてもやわらかそうで中盤を走破するだけでも大変で、最後の壁に向かって真っ直ぐ飛び出す事もままならないようでした。
見ていて息の詰まるセクションでした。

その2へ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

トライアル世界選手権 もてぎ 2日目

今日もトライアルの面白さを満喫した1日でした。
世界戦を闘うライダー達の個性溢れるライディングを目の当たりにし、驚嘆、恍惚の連続でした。

2006motegi_1












フジガスは今日も表彰台に上がれなかった・・・。
フジガスファンの私にとってそれはとても寂しいことだけれど、カベスタニーやラガの流れるような美しい走りを思い出しながら、「仕方がないこと」とすっきり気持ちの整理はしていたつもりでした。↑写真のフジガスの姿を見るまでは・・・。

最終セクション終了後、誰も居ないところまで走って行き背中を丸めていたフジガス。
寂しすぎる・・・。
ぽっかりと心に穴が空いてしまう様な、そんな光景でした。

2日目 結果
優勝 カベスタニー 減点14
2位 ラガ 18
3位 ランプキン 26
4位 フジガス 33
5位 黒山健ちゃん 42
6位 ガッチ 45
7位 ボウ 49
8位 ファハルド 51
9位 田中 61
10位 フレイシャ 67

日本勢頑張りました!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

トライアル世界選手権 もてぎ

P1030477
















↑鬼のように立ちはだかる第7セクションを見つめる天使のような少年。
2LAP目、ここをクリーン出来たのは確か二人だけでした。

1日目の結果
優勝 ボウ 減点44
2位 ラガ 45
3位 カベスタニー 47
4位 フジガス 49
5位 ランプキン 52
6位 黒山健ちゃん 76
7位 フレイシャ 80
8位 ブラズシヤク 87
9位 ファハルド 88
10位 ガッチ 100

渋谷選手のケガが心配だなぁ~。
フジガス明日こそは!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

もてぎへGO!

この頃、若干お疲れ気味の私・・・。しかし、だら~んとしてる場合ではありません!
ツインリンクHPのWEBカメラで、着々と出来上がってゆくセクションを毎日見てきましたが、明日はもてぎへ、ロミさん、よぴこサン、姉、父、私のフルメンバーGO~!!!です^^。

今からリュックに荷物を詰め込んで、天気予報とにらめっこしながら着る物も用意しなくちゃだわ。それからカメラの充電に、寝る前にはアミノ酸を飲んで、え~っと・・・する事いっぱいデス。

フジガス頑張れ~!!
私も応援頑張るぞ~!^^/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »