« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

さよなら、バーンズ。

脳腫瘍と闘っていた元WRCチャンピオン、リチャード・バーンズが25日に亡くなった。
まだ34歳。私より若いじゃないか・・・。

さよなら、おつかれさま、リチャード。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年11月26日 (土)

カツアキを探せ。

katu3 姉のTHANKS DAY.の目標の一つは「藤原克昭選手に会うこと」でした。
藤原選手は長い間、スーパーバイクやスーパースポーツ世界選手権にSUZUKIからエントリしていましたが、05年はHONDAに移籍。怪我に苦しみながらも、鈴鹿8耐ではバーミューレン選手と組んで2位入賞を果たしました。

スーパースポーツのレースはなかなか見るチャンスがないのですが、何故か強烈な印象の藤原選手。
うーーん、確かに会ってみたい人です。どんなオーラを醸し出しているのか、私もチョット興味がありました。

当日、ゲートオープンまで1時間以上も寒空の下で待っていたせいで、姉の体調は絶不調。
午前中は暖かいレストラン等で休息をとり、午後からは目標を果たすため、パドックへ。

しかし、イベント尽くしの過密スケジュールのせいか、何処を見ても姿を発見できず・・・。
「克昭を見かけませんでしたか?」って、尋ねたくなるくらい。もちろん、そんなことしませんでしたが^^;。

もう、ダメかなーと思っていた頃、ひょっこりピットガレージから出てきた藤原選手を発見!
先に気付いた私が「あーっ!出てきたよー!」と教えると、ヨレヨレだった姉は俄然元気になり弾むような足どりに。ま、私もなのですが^^;。

近くにいた藤原選手ファンの方に、シャッターをお願いして3人で写真撮影。
握手もしてもらいました。
大きな手で、とても温かかった~!

泰然とした振舞で、ひとりひとりしっかり目を見て丁寧に対応するやさしさが、手の温もりになって現れているみたい・・・そう思えたのでした。

3shot7 ←やっと逢えたのね~(涙!)の図。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月25日 (金)

夕暮れSURROUND.

motegitd















RIP SLYMEの曲みたいなタイトルだけど、この言葉がピッタリだなと思ったので・・・。
まさに、琢磨選手がBAR HONDA 007を走らせていたのが、この写真の時です。

もう空が夜に向かって暮れはじめ、薄紫からオレンジ色のグラデーションに染まる頃です。
気がつけば照明が点されていました。

よりいっそう冷たくなった山の空気を割くように、F1サウンドが駆け抜けていきます。
琢磨のマシンがグランドスタンド前を通り抜けるたび、キラキラとストロボが光って星のよう。

この時、私はスタンド席ではなく、マシンが走行するオーバルコースの内側のピットガレージに居ました。
ただ往き過ぎる音の前ではなくて、廻る音の中に居たのです。
だから、夕暮れSURROUND.!

夢のように美しい時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

Honda Racing THANKS DAY.

やはり予想した通り、かなり寒かった今日のもてぎ。

体はぶるぶる凍えながらも、大好きなライダーや、マシン、音、匂い・・・を、目の当たりにすると心にはポッと火が点ります。

なんて幸せな一日!

fuji2

トライアルデモ。
フジガス、ジャンプで登場!
前日スペインから帰国し、一睡もしてなかったようです。
お疲れ様です。ありがとう。




td

ドライバー、ライダー、監督、勢揃いです。
こんなに大勢、圧巻ですね。
誰がどこにいる?





td2
歴史。

静かに出番を待つマシンたち。
今もしっかりと鼓動は響いています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

昨年の・・・。

昨年のファン感謝デーの写真です。

fankan2 ニッキー君とセテもやって来ました。
ロッシがホンダに所属してた頃は、いつも参加ライダーリストに名前が載っていても、どたん場で「来れません」ということが多かったので、まさか、セテとニッキー君がホントに来るとは思っていませんでした。


fuji デモ中のフジガス。
カメラを構えてるのを見つけると、必ずカメラめがけてサービスしてくれる!
これもばっちりカメラ目線してくれました^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

寒~い。

う~~寒い~。ぶるぶる。
重ね着いっぱいしてても寒いです。
日中はコテツと一緒に日向を求めて、午前は東、午後は西へと家の中を移動しています。
今からこんなで真冬はどうなってしまうのかなー。

てゆーか、23日のHondaRacing THANKS DAY. はどうなの?やっぱり寒いんだろうか?だろうなー。
ツインリンクもてぎは山ですからね、冬支度して行くかー。
めちゃくちゃ寒がりの私としては万全の体制でいかなくちゃです。

一年振りで、フジガス、ガッチのデモが見れますからね!楽しみです^^。
小林直樹さん、本多元治選手、三谷英明選手、田中裕人選手、デモライダーは総出演の予定です。
このデモをきっかけに、トライアルファンが増えてくれると良いなー!

今年はホンダのライダー・ドライバーが大勢集まるので、イベントも目白押しです。サイン会、カート大会、コース同乗体験、などなど。まぁみんな抽選なのですけどね。
更には、毎回恒例になってるホテルでのパーティですが、佐藤琢磨選手が来るということもあり、チケットは発売開始から3分で売り切れたそうです。例年なら1週間くらいは余裕で購入可能だったと思うのだけど。
数日前ツインリンクのHPチェックしてみたら車・バイクの駐車券ももう完売してました。
今までこんな事ってなかったんじゃないかしら。びっくり!

もう一つのお楽しみだった、ニッキー・ヘイデン選手とペドロサ選手が来れなくなったのはチョット残念。代わりに怪しいヒゲ面でお馴染みのマルコメ君がやって来るらしいです。

とにかくー、楽しい&めまぐるしい一日になることは間違いなし!
お天気良いといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

作る?作らない?

委託ショップの納期が迫っていて、毎日チクチク針仕事やその他モロモロで忙しい~。
ココの更新もすっかり飛び飛びになってしまってます。ああー時間が欲しいー。
とりあえず、明日発送分が済めば少し落ち着くのだけど・・・。

でも、モータースポーツ関係のニュースはしっかりチェックしています。

DTMを走るミカ・ハッキネン選手が、来季もメルセデスと契約しました。
今季は初参戦ながらシリーズ5位、第3戦スパでは優勝をしました。
彼自身、DTMというカテゴリーがとても気に入ってるみたいで、契約更新をかなり喜んでるようです。

私がF1に夢中になったのは、セナ、そしてハッキネンが居たからでした。
F1の世界への入り口を開いてくれたのがセナで、ワクワクする様な走りでそこに留まらせてくれたのがハッキネンだったのです。
同じフィンランド出身のキミ・ライコネン選手と入れ替わるようにして、F1から引退してしまってからは、モナコあたりのグランプリに家族で遊びに来た時の映像くらいしか見かけませんでした。
でも!今年DTM参戦で現われた彼は、やっぱりサーキットが似合ってる!レーシングスーツ姿が似合ってる!のですよ。

よかったです、また来季も彼の走りが見られて。嬉しい限りです。

で、思い立ったことがひとつ。
琢磨ベア、中野王子56ベア、に続き、フィンランド国旗模様のミカベアを作ろうかと・・・。

しかしー、ベアを作ってから、琢磨も中野王子もあまりイイ事がありません。
琢磨はBARシート喪失したし、中野王子は渡した直後、母国GPなのに予選・決勝ともにエンジンブロー。更には、56ベアと一緒に仲良く写真撮影してくれたホフマン選手にいたっては、決勝レースで骨折してしまった・・・。

呪いのベア?なのでしょうか。みんな不運に襲われる~。

まぁー考えすぎだと思うのですが、チョット作る事に躊躇してしまう私なのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

なつかしビデオ。

2003年に放送された「車輪倶楽部」を探して、棚や箱にしまってあったビデオたちと格闘しました。
といっても、まーまー整理はされていたので、15分くらいで目的のモノは発見することができました。

それにしても、よくこんなにマメに録画したなーと言うくらい、モータースポーツ関係のビデオがいっぱい。
トライアル関係は私が、MotoGP関係は姉がせっせと録りためているのでかなりの量になっていたのです。
一応ラベルには何を録画したのか、ささっと書いてあるのですが思い出せないものも多数。となると、興味をそそられるわけで・・・。何本か気になるものをチョイスして見てみることにしました。

「トライアル(BS)」のタイトルを選んでみました。

見てみると・・・2001年のもてぎ大会。まだNHK-BSで放送していたんですね。
ランプキン選手もフジガスも今よりひとまわり細い!ラガなんてまだ小鹿みたいです。ビルバオ、コボス、コナー、ちょっと懐かしい顔も見えます。

2001年のもてぎは、初めてトライアルを生で見た大会だから、見てるうちにあんな事こんな事いろいろあったっけーと記憶が湧き上がってきました。
セクションにライダーが移動してきた時の何ともいえない緊張感とか。
地べたに座って食べるゴハンが美味しかったこととか。
山の斜面で観戦してた男の人が滑り落ちてきて、友達に「5点!」と言われててちょっと笑えたこととか。

現在はスカパーで放送しているトライアル世界戦ですが、NHKの放送をあらためて見てみると、落ち着いてていい感じでしたー。映像もとてもきれい!
あっ、でもNHKは日本だけで、全戦は放送してくれなかったんだっけ。

姉は2001年フランスGPのビデオを選んでました。
「これってノリックが2位になった時だよねー」だって。
ビックリです、そこまで記憶してるとは思わなかった。
でも、見てみたら1年ヅレて記憶してたことが判明。

この他にも、ビデオはいろいろイロイロ。見出したらキリがないです。
暇な時にでも、引っ張り出して見てみる事にしようかな。

ちなみに、探してた「車輪倶楽部」はHRCライダーの運動会を放送した回です。
フジガス、ガッチ、活躍してます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

WRCも最終戦です。

ロウブ選手の速さばかりが目立ったWRC2005シーズンも、いよいよ最終戦オーストラリアを迎えました。

優勝するまでは髪を切らない!と言ってきたペター・ソルベルグ選手の頭は、もうボサボサになっています。
これで髪を切るチャンスも最終です。 ・・・でした。

RALLY JAPANの不運に匹敵するくらいのミラクルなアンラッキーが、ぺターを襲ったのです。

北海道では優勝間近というところで、コース上に転がる「でっかい石」にヒット。車は壊れリタイヤ・・・。直後のペターは落胆し、痛々しくて見てられないくらいでした。

その時は「こんな不運あるんだなー」なんて思ったものだけど、またしても、またしてもなのです。

今度は「カンガルー」です。レグ2・SS13でカンガルーに衝突したのです。
190キロのスピードで轢いてしまって、車が壊れ走行断念・・・だそうです。
2位のデュバル選手に50秒差をつけてトップを走っていただけに、「ラリージャパンの時みたい」に落ち込んでいるというペター。こんな時でも「カンガルーには悪いことした」なんて優しいこと言ってるのね。いい人だ。

そして、「これで不運を全部使い果たしたと考える事にするよ」とも言っています。
シーズンオフには髪と一緒に不運もスッキリ切り落として、来シーズンはまた元気なペターに戻ってきてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ホンダ陣営、世代交代?

私と同世代の人たちって、スポーツ界では超ベテランとか、もうそろそろ引退?、なんて言われる立場になってきている。
2006年シーズン、MotoGPクラスのホンダ陣営のライダーが決まったようだが、すっかり若返っているではないの!

レプソル・・・ニッキー君(24)、ペドロサ(20)
キャメル・・・チェカ(33)、ケーシー・ストーナー(20)
フォルツナ・・・マルコメ君(23)、エリアス(22)
コニカミノルタ・・・玉田誠(29)

もちろん( )の中は年齢ですよ。

ビアッジ(34)も、バロス(35)も居ません!
そのかわり、ちょっと前まで「まだ子供みたい、カワイイー!」なんて言って見てたペドロサ、ストーナーがもうMotoクラスに上がってきちゃいました。
ロッシと同クラスで彼らの走りが見れるのは、かなーーり楽しみなんですけどねー^^、同世代・ベテラン勢にも、もうひと踏ん張り!頑張って欲しい気持ちもあります。
バロス、ビアッジ、行き先はあるのかしらー?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

こんな時もあるものです・・・モトGP最終戦バレンシア

何をやってもダメな時はダメで、上手くいかない時は何をやっても上手くいかない・・・そういう時ってあるものです。
私はテディベアを作って、イベントに出展したり販売したりしています。特に大きなイベントに参加する時は、2~3ヶ月かけて沢山のベアを作ります。
しかしー、気分の滅入るような事があったり、気持ちが不安定だったりすると、ベアの表情・顔などが何度作り直しても歪んで、どうにもこうにもいかなくなる事があります。綿詰めも上手くいかなくて、足ばかり5本も6本も作り直した事もありました。普段はサラッとやってるなんでもないことに躓き、あせって必死になるうち布地を突き破ってしまったり、道具を壊したり、手を怪我したり・・・ダメダメな空気に呑み込まれていってしまうのです。

私の場合とはチョット、いや、かなり次元が違うのですが、、、、、

最終戦、地元GPでポール・スタートだったセテ選手。
バレンシア決勝は、4周しただけでマシントラブルでリタイヤ。・・・・・。
今シーズンのセテ選手は、最後の最後まで歯車が合わないまま、空回りのままだったように思います。私的表現で言うところのダメダメな空気に取り巻かれたまま、でした。
シーズンを通して笑顔もどことなくスッキリしてなかった・・・。
セテ選手、2006年はドゥカティに移籍するとかいう話ですが、シーズンオフにきっちりリセットしてダメダメな空気を振り払ってほしいものです。

最終戦バレンシアGP。
優勝はトルコに続いてマルコメ君でした。ウィニングランでは、すーっごく嬉しそうに暴れてました^^。あの感情表現はWRCのソルベルグ選手と同種だわーと思いました。
中野王子は11位、清成君は12位、青木お兄ちゃんはトラブルでリタイヤでした。

モトGPも、これでシーズンオフです。寂しい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

早起きしました。

今朝は4時に起きまして、MotoGPの予選をスカパー観戦しました。

中野王子は金曜日のフリー走行で2回も転倒したらしい。1回はカピロッシ選手の転倒の巻き添え、2回目は単独だそう。どおりでフリー走行のリザルト見ても元気のない結果だったわけだ。予選は、負傷した左手に痛み止めを注射してのアタックで、9位。決勝は大丈夫かな?ちょっと心配です。

どのライダーも予選タイヤで猛烈アタックしはじめた頃、ロッシ選手が転倒!スペシャルカラーのマシンもレーシングスーツも、グラベルで砂埃まみれになっていました。急いでピットに戻り、敗れたレーシングスーツをビニールテープかなんかで補修し、セカンドマシンでアタックしたけど結局15位でした。今シーズン、ワーストグリッドからのスタート。
スポット参戦組の青木宣篤選手は14位、清成君は16位でした。

ポールはセテ選手!歯車が合わないまま、あっという間にシーズン最終戦を迎えてしまった感じですが、せめて最後ぐらいはニッコリ笑って1番高い所に立って欲しいです。

予選を見終えたのはAM5時半ごろ・・・。言うまでもなく、またベッドに入って寝てしまいました。
8時半にセットした目覚ましのアラーム音は、遠くの方で聞こえていたような・・・。
「早く朝ゴハンをくれーー!!」と吠えまくるコテツ君の声で目が覚めたのは10時過ぎ。すまないコテツ、反省してます。
明日も明け方まで観戦してしまいますが、、、ちゃんと起きます。絶対!・・・?・・・多分・・・きっと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 4日 (金)

清成君inバレンシアGP

モトGP最終戦のバレンシアGPに、清成龍一選手がスポット参戦します。
ケガをしているトロイ・ベーリス選手の代役です。
あっ、ちなみにベーリス選手は来シーズン、SBKに戻るそうです。

2年前にGP参戦したときは、とにかくレースを「走りきる」ことで精一杯だったように感じられた清成君。
今は英国に拠点を移し、英スーパーバイクで活躍している。
新聞、雑誌で見かける彼の表情は、日をおうごとに力強くなりキラキラと輝いている。
きっと自信がついてきたからなんじゃないかなーと思う。

今回のバレンシアGPでは、2年前とは違う、清成選手らしいのびのびとした走りでレースをして欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

英語の実況を聞く。

この間のトルコGP、125ccクラスが凄ーく面白かったということを先日書きました。
が、、、、
実は、どーーーーしても実況を聞くのがツラクて、テレビの音量を聞こえるか聞こえないかまで小さくして見ておりました。
いろんなアナウンサーの方がいますが、どうしてもあの時の方は耐えられませんでした・・。

G+がMotoGPの放送をするようになってから、それまで放送していたNHKのアナウンサーの方々の実況と比べられてる日テレアナウンサー陣。G+の掲示板ではその辺の事がよく書き込まれていました。
私は、NHKのメガネ君(姉妹でそう呼んでいたので名前が分かりません)が、いまでも1番!と思っていますが、日テレの方も皆が言うほど嫌ではなかったのです。
でも、この前は・・・、実況を消してモータースポーツを見るのは何年ぶりだったろう。
F1で、信じられないくらい叫びまくる方が実況の時は毎回消してました^^;。あれ以来です。

しかーし、全く音を消して見るっていうのも、辛いものがあります。
なので、今後またこのような状況になった時にそなえて、副音声の英語の実況を聞くことに挑戦してみました。ヒアリングの練習をしてみようということで、トルコGP再放送を2度、英語実況で観戦です。
うーーむ・・・。
ライダーの名前、チーム・メーカーの名前、いんさいど、くらっしゅだうん、‐ι‐;。
はっきり聞き取れて、意味の分かる言葉は少ないですが・・・、英語の実況の方が、情報がいろいろあって面白い事が判明しました。
青山選手がKTMに、とか、ド・ピュニエがKWASAKIにいくとか、コチラで報道される前のことをいろいろ言ってました。

ヒアリングの練習は1度目より2度目の方が、英語に慣れてきてるかな~と感じられ、聞き取れる言葉が増えてきました。(意味はうっすらとしか分からないのだが。)
この調子で、これからの再放送は英語で聞いてみようと考えております。
そうそう、ちょうどG+で今シーズンを振り返る・・みたいな感じで再放送があるようですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »